集中治療部門サーベイランス
 



   * 1. APACHE  

 APACHE (Acute Physiological and chronic health evaluation) system は世界中で広く用いられている集中治療室入室症例の層別化に使用する重症度・予後予測法である。1982年に全米の13施設の集中治療室に入室した5,815症例から多重ロジスティックモデルを用いて作成した予測死亡率算出式に基づいている。この予測式に、血圧、脈拍数、血液ガス分析値、血清ナトリウム、白血球数など12項目の数値と、年齢、慢性疾患の有無などを入力すると個々の症例の予測死亡率を求めることができる。

 ある集団の予後を予測する場合には、個々の症例の平均予測亡率を求め、実際の死亡率と比較する。平均予測死亡率を実際の死亡率で割ったものが、標準化死亡比 (standardized mortality ratio : SMR) である。複数の集団を比較する場合には、SMRを比較する。  本邦のコホート研究にAPACHE system が精度の高い判別能を有することは、いままでのいくつかの研究で示されている。

 

 * 2. デバイス日  

 人工呼吸器、血管留置カテーテル、尿路カテーテルなどの器具(デバイス)を使用した日数の合計を表す。

 

 * 3. ROC:Receiver operating characteristic curve  

 連続した値をとる検査法の感度、特異度を比較する場合に用いられる。つまり、実死亡に対する死亡予測の感度を縦軸に、特異度(ただし、数値は左が1、右が0)と取ってプロットするとROCカーブが書ける。通常はカーブの下の面積が0.8以上あれば優れた検査法(死亡予測法)と言われる。


4-6月集中治療部門トップ