概要 (2006年10・11・12月分)  

     本サーベイランスは、参加医療機関において血液および髄液から分離された各種細菌の検出状況や薬剤感受性パターンの動向を把握するとともに、新たな耐性菌の早期検出等を目的とする。これらのデータを経時的に解析し臨床の現場に還元することによって、抗菌薬の安全で有効な使用方法や院内感染制御における具体的かつ確実な情報を提供する。

【検 体】

 
2006年
4〜6月
2006年
7〜9月
2006年
10〜12月
 総検体数
66,110
70,292
69,976
 血液検体数
60,692(200)
64,026(203)
65,164(201)
 髄液検体数
5,418(168)
6,266(173)
4,812(170)
  ( ) 内は施設数

     20061012月の間に全国の医療機関より報告された検体数は総数69,976(血液65,164(201施設)、髄液4,812(170施設))あった。

     検体から菌が分離された頻度(検体陽性率)11.8%(血液検体で12.2%、髄液検体で5.1%)であった。

【分離頻度】

     血液検体総数に対する主要分離菌の頻度では、黄色ブドウ球菌(S. aureus)(2.81%)、表皮ブドウ球菌(S. epidermidis)(2.04%)、大腸菌(E. coli)(1.55%)、表皮ブドウ球菌以外のコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)(1.35%)、肺炎桿菌(K. pneumoniae)(0.60%)、緑膿菌(P. aeruginosa)(0.53%)、腸球菌(E. faecalis)(0.48%)S. pyogenesS. agalactiaeS. pneumoniaeを除くStreptococcus spp.(0.45%)C. albicans以外のカンジダ属(0.42%)Bacillus spp.(0.39%)が上位を占め、第15位までの菌種は前回(200679)と全く同様であった。

     髄液検体総数に対する主要分離菌の頻度では、表皮ブドウ球菌以外のコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)(0.89%)、表皮ブドウ球菌(S. epidermidis)(0.87%)、黄色ブドウ球菌(S. aureus)(0.71%)、肺炎球菌(S. pneumoniae)(0.69%)、インフルエンザ菌(H. influenzae)(0.52%)が上位を占めていた。

     血液から分離された菌株総数に対する主要分離菌の頻度では、黄色ブドウ球菌(S. aureus)(20%)、表皮ブドウ球菌(S. epidermidis)(14%)、大腸菌(E. coli)(11%)、表皮ブドウ球菌以外のコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)(10%)、肺炎桿菌(K. pneumoniae)(5%)、緑膿菌(P. aeruginosa)(4%)、腸球菌(E. faecalis)(3%)S. pyogenesS. agalactiaeS. pneumoniaeを除くStreptococcus spp.(3%)C. albicans以外のカンジダ属(3%)Bacillus spp.(3%)が上位を占め、第14位までの菌種は前回(200679)と全く同様であった。

髄液から分離された菌株総数に対する主要分離菌の頻度は、表皮ブドウ球菌以外のコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)(16%)、表皮ブドウ球菌(S. epidermidis)(15%)、黄色ブドウ球菌(S. aureus)(12%)、肺炎球菌(S. pneumoniae)(12%)、インフルエンザ菌(H. influenzae)(10%)であった。

     年齢階層別では血液分離株の場合、肺炎球菌(S. pneumonia)(4歳以下30.3%50歳以上54.2%)S. agalactiae(4歳以下21.9%50歳以上64.1%)において二峰性の傾向がみられた。H. influenzaeでは76.3%4歳以下の小児より分離されていた。髄液分離株の場合では、H. influenzae77.7%4歳以下の小児より分離されていた。

【薬剤感受性】

〔“微量液体希釈法(MICで報告されているもの)”のみ対象とした。血液分離株と髄液分離株の合計について概説した。〕

     黄色ブドウ球菌(S. aureus)MRSAの割合はオキサシリン(MPIPC)の成績で判断する限り、65%(血液分離株で65%、髄液分離株で85%)で、全体では従来の成績と同じであった。

     黄色ブドウ球菌(S. aureus)のバンコマイシン(VCM)、テイコプラニン(TEIC)に対する耐性頻度の調査では全ての株がそれぞれの抗菌薬に対して「感性」と判定された。表皮ブドウ球菌(S. epidermidis)では2株、表皮ブドウ球菌以外のコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)では3株を除く全ての株がVCMに対して「感性」と判定されていた。TEICに対しては表皮ブドウ球菌の4%(I:3%R:1%)、表皮ブドウ球菌以外のコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)3%(I:2%R:1%)が耐性株であった。

     腸球菌に関しては200613月の成績とほとんど同様でE. faecalis99%がアンピシリン(ABPC)に感性であった。VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)E. faecalisにおいて1株のみみられたが、E. faeciumでは全ての株が「感性」と判定されていた。TEICに対してはE. faecalisE. faeciumの全ての株が「感性」と判定された。

     肺炎球菌(S. pneumonia)におけるペニシリン非感性株の割合は44%(PISP30%PRSP14%)であった。

     大腸菌(E. coli)や肺炎桿菌(K. pneumoniae)では近年第三世代セファロスポリン系抗菌薬に耐性を示すESBL産生菌が院内感染の原因菌として注目されてきている。今回の調査における第三世代セファロスポリン系抗菌薬耐性株の割合は、大腸菌(E. coli)でセフォタキシム(CTX)耐性株6%、セフタジジム(CAZ)耐性株2%、肺炎桿菌(K. pneumoniae)CTX耐性株2%CAZ耐性株1%であった。

     緑膿菌(P. aeruginosa)では多剤耐性菌の動向に注意を払う必要がある。中でもカルバペネム系抗菌薬に耐性を示すメタロβラクタマーゼ産生菌は今後広まることが危惧されている。今回の調査では緑膿菌(P. aeruginosa)のイミペネム(IPM)耐性株の割合は23%であった。また、メタロβラクタマーゼ産生菌はセラチア・マルセッセンス(S. marcescens)にもみられているが、今回の調査では、セラチア・マルセッセンス(S. marcescens)におけるIPM耐性株はみられなかった



表. 血液から分離された菌における汚染菌の頻度

   菌 名

 汚染菌の頻度

Propionibacterium spp.
Bacillus spp.
Corynebacterium spp.
Coagulase-negative staphylococci
Clostridium perfringens

99.0〜100.0%
91.7〜94.7%
79.0〜96.2 %
58.0〜94.0%
50.0〜76.9%

Viridans streptococci
Clostridium spp.
Enterococcus spp.
Staphylococcus aureus
Group B streptococci

23.8〜49.3 %
20.0〜33.0%
1.8〜16.1%
1.7〜25.0%
0〜20.0%

Lactobacillus spp.
Enterobacter spp.
Candida spp.
Hemophilus influenzae
Serratia marcescens

0〜18.2%
0〜15.0%
0〜11.8 %
0〜7.1%
0〜7.0%

Acinetobacter spp.
Group A streptococci
Escherichia coli
Pseudomonas aeruginosa
Bacteroides spp.

0〜6.7%
0〜5.0%
0〜2.0%
0〜1.8%
0%

Stenotrophomonas maltophilia
Proteus spp.
Klebsiella spp.
Listeria monocytogenes
Streptococcus pneumoniae

0%
0%
0%
0%
0%

Clin Infect Dis 1997;24:584-602  
Rev Infect Dis 1991;13:34-46  
Rev Infect Dis 1988;203-210  
Rev Infect Dis 1983;35-53